アレルギー症状を軽く抑える

 道路わきの壁のような積雪も、かなり溶けてます。
このまま「春になってくれたらいいな」と心の中で
考えている毎日です。

 

 一方、雪が溶けると憂うつになる方たちがいます。
スギ花粉症が始まるからで、約2ヶ月くらいの期間
アレルギー症状で辛い日々を送ることになります。

 

 くしゃみ、鼻水、目の痒み、などアレルギー症状は、
主にヒスタミンという物質の影響です。花粉が侵入
するとマスト細胞からヒスタミンが出て、鼻に届けば
くしゃみや鼻水に、目に届けば充血や痒みを起こします。

 

 このヒスタミンの作用を抑えるのが抗ヒスタミン薬。
細胞表面にあるヒスタミン受容体にヒスタミンより強く
結合してアレルギー症状を抑えます。いわば、ヒスタミン
受容体という椅子を、ヒスタミンと抗ヒスタミン薬で
奪い合う椅子取りゲームですね。

 

 そこで花粉が飛び出す2~3週間前から抗ヒスタミン
で、早めに椅子取りゲームを始めましょう、というのが
初期療法という方法です。実際、初期療法でピーク時の
アレルギー症状は軽くなります。

 

 ただ、抗ヒスタミン薬には、眠気や集中力低下などの
有名な副作用があります。ヒスタミンは脳では重要な
働きをする伝達物質だからです。そこで、脳に対する
作用の少ない抗ヒスタミン薬が使用されます。

 

 薬局やドラッグストアでは、まだ脳にも作用する古い
タイプの抗ヒスタミン薬が主流ですが、新しいタイプの
ヒスタミン薬を初期療法では使用したいものです。
是非、積極的に相談してみてください。

 

 また、新しいタイプでも眠気が出る人もいるので、
そのような場合は、漢方薬も選択肢の一つです。
漢方薬の選択も、専門家に相談することをおススメ
します。

 

 

 漢方薬東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師(心理カウンセラー)  廣橋 義和

 

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。

(現在、新しいサイトを頑張って作成中です)   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/message/

 

 メールは《Re:タイトル》でお願いします。 

 メールマガジンの申込も随時受付中

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

変形性膝関節症 鎮痛薬は慎重に

 加齢とともに身体のあちこちが痛むのは、不可抗力として
受け入れるしかないのかもしれません。しかし、できるだけ
苦痛は軽く、というのが誰しも思うところでしょう。

 

 加齢性の膝の痛みは、その多くが変形性膝関節症だと思い
ます。
 《痛みの原因⇒軟骨の減少⇒コラーゲンなどの補充》
という流れで、コラーゲンやグルコサミンなどのサプリが
数多に登場しています。

 

 ただ期待に反して、コラーゲンやグルコサミンを飲んでも
膝軟骨が増えるというデータは充分ではありません。
従って、私は軟骨の減少対策として、コラーゲンやグルコ
サミンをおススメしていません。
(別の理由でおススメすることはあります。)

 

 では、《痛みの原因⇒炎症⇒抗炎症薬》という流れでは、
どうでしょうか?

 

 これは痛みを抑えるという点では効果的です。つまり、
膝の炎症も抑えているので、痛みが軽くなっていると
いうことです。短期間ではメリットがあると考えます。

 

 問題は、変形性膝関節症は加齢現象ですから、長期間に
渡って使うことにメリットがあるかという点です。
米国カリフォルニア大学のルイツェン氏が北米放射線学会で
昨年に発表した内容では、メリットはありませんでした。

 

 変形性膝関節症の患者を、1年以上鎮痛薬(抗炎症薬)を
飲んでいる人と飲んでいない人にグループ分けし、4年後の
膝の状態をMRIで調べたというものです。

 

 その結果、鎮痛薬を飲んでいた人の方が飲んでいない人と
比べて、膝の状態が悪かったとの結果でした。
 どうやら、《鎮痛薬使用⇒痛みの軽減⇒活動量の増加》と
いう流れが関係しているかもしれないと考察されています。

 

 「痛み」を「身体からの警告」として考えれば、必要以上に
痛みを抑えることにメリットはないかもしれません。ただ、
苦痛を無理にでも我慢するということでもありません。

 

 日常生活に大きな影響が出ない程度に、痛みを抑えること
として、痛みゼロをゴールにしない方がいいのでしょう。
ちなみに変形性膝関節症に対しては、膝関節の周りの筋肉を
鍛える運動療法が推奨されています。

 

 運動療法ができる程度に痛みを抑えればいい、と私は
考えます。
漢方薬は、「膝に水が溜まる」ケースでは積極的におススメ
です。

 

 

  漢方薬東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師(心理カウンセラー)  廣橋 義和

 

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。

(現在、新しいサイトを頑張って作成中です)   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/message/

 

 メールは《Re:タイトル》でお願いします。 

 メールマガジンの申込も随時受付中

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

アルコールは白内障のリスク

 久々の忘年会や年末年始で、アルコールを摂取した方も多い
ことと推察します。長引くコロナ禍で自粛疲れの反動も加わり、
また家族や友人との再会などで、楽しく過ごされたのではない
でしょうか?

 

 アルコールと言えば、真っ先に肝臓を思い浮かべると思い
ますが、膵臓にも負担をかけますし、白内障のリスクも上げ
ます。俗に「休肝日」と言うように、アルコールを休む日を
しっかり作ることは大切です。

 

 東海大学公衆衛生学の深井、東京慈恵医大眼科学の寺内らの
研究は、アルコール摂取と白内障の関係を日本人3万人の
データを用い分析したものです。
 (Fukai K, et al. Sci Rep. 2022;12:20142.)

 

 病気には人種差がありますので、日本人で分析できたことに
大きな価値があります。分析の結果、日本人はアルコールの
摂取が白内障のリスクになることが明らかになりました。

 

 超高齢化社会の日本ですから、加齢とともに増加するのは
白内障に限ったことではありません。ガンや認知症脳卒中
心筋梗塞などの動脈硬化性疾患なども増加します。
しかし、加齢もリスクの一つに過ぎません。リスクを減らす
ことが病気予防の第一歩なのです。

 

 具体的にどの程度アルコール摂取が白内障に影響するの
でしょう。飲酒習慣のない人と比べ週4日以上飲酒する人は、
白内障のリスクは1.3倍に上昇。特に女性はアルコールの
影響を強く受けることもわかりました。

 

 一方、以前に飲酒習慣があっても断酒すれば、リスクは
下がります。(男性0.93倍、女性0.86倍)

 

 ちなみに加齢とアルコール以外のリスク因子として、
高血圧や糖尿病、屋外作業などもあります。
飲酒は、高血圧や糖尿病のリスクでもあることから、
やはり週3日以内で適量を楽しむのが良いようです。

 

 私も、嗜む程度に抑えたいと思います。。。

 

 

  漢方薬東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師(心理カウンセラー)  廣橋 義和

 

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。

(現在、新しいサイトを頑張って作成中です)   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/message/

 

 メールは《Re:タイトル》でお願いします。 

 メールマガジンの申込も随時受付中

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

ヨガやマインドフルネスの効果

 私が知っている範囲のことでしかありませんが、心療内科
心身医学の分野で、ヨガの効果についての研究発表が目立って
きました。おそらく10年以上経つのではないでしょうか。

 

 また、ヨガの要素を含んでいるマインドフルネスに関する
研究発表も同様に増えてきています。そこで当薬局においても、
マインドフルネスを学ぶコースを設けて、教えています。

 

 当薬局でどんな人を対象にマインドフルネスを教えているか
というと、いわゆる心身症に属する方が多いです。例えば、
不眠症過敏性腸症候群です。ある程度症状の強い人には、
漢方薬を減らす段階で導入しますが、軽い人にはマインド
フルネス単独で行うこともあります。

 

 マインドフルネスのコースは9回のセッションですので、
早くても終了まで2~3ヶ月かかるので、短期というより
中期効果かもしれませんが、症状への囚われがほとんどの
人で軽くなります。その結果、さらに症状が落ち着くという
好循環が生まれます。

 

 このことは脳科学研究でも確認されてます。そして、
ヨガでは、短期的効果として、交感神経の過活動を抑え、
ストレスホルモンを減らすことが岡らより報告されています。

 

 さらにヨガの長期的効果は、炎症性サイトカインの抑制や
疲労感・抑うつ症状の改善などがわかっています。
そして、ヨガやマインドフルネスの継続で、自身の体調を
客観的にみる力が育ち、早め早めに体調管理につながる行動が
とれるようになると期待できます。

 

 これは、長期的にはいろいろな病気の予防につながります。
私たちの心と身体は、悪くなる前に何らかのサインを出して
います。そのサインが、疲労感や痛みなどですし、不眠や
食欲不振でもあります。

 

 比較的に調子の良いときに、ヨガやマインドフルネスを
身につけ継続していると、これらのサインに気づきやすく
なるのです。サインは「内受容感覚」と表現されることも
あります。

 

 まだ私が心療内科に出会わない頃、何回も同じ症状を
繰り返す方がいました。漢方薬で改善するものの、また
しばらくすると再発するの繰り返しで、かなり強く何回も
生活改善を伝えた記憶があります。

 

 その経験から、再発防止や予防に私の意識が向くように
なってきました。いわゆる、養生法という生活スタイルに
加え、体調が崩れるサインに早めに気づけば、ある程度の
予防になるでしょう。

 

 それを、健康なときから、あるいは状態が安定している
ときに、良い習慣やスキルを身につけ、継続すること。
病気になった時、これが軽度か重度かの分かれ道になるんだ
と、ある治療家が言っています。
かなり長期的な効果ではありますが、おすすめする理由です。

 

 

  漢方薬東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師(心理カウンセラー)  廣橋 義和

 

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。

(現在、新しいサイトを頑張って作成中です)   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/message/

 

 メールは《Re:タイトル》でお願いします。 

 メールマガジンの申込も随時受付中

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

胃腸を大切に

 2022年も残りわずかとなりました。
スムーズに改善していった方、その一方で四苦八苦しながらも
なかなか改善の糸口が見つからない方、少しずつ快方に向かって
いるものの途中で止めてしまう方、どなたも印象深く記憶に
刻まれています。

 

 ただ、どのケースにも共通して言えることは、胃腸の調子が
悪いと、なかなか快方には向かわないということです。
回復の源泉としての各種の栄養素、身体の不調を改善する薬、
胃腸の消化・吸収がしっかりしていることが大前提です。

 

 だからこそ、年末年始の御馳走を頂くときに、あなたの胃腸に
意識を向けて欲しいと考えています。「胃腸が丈夫だ」と安心
しきっている方でも、油断は禁物。調子の良いときほど、意識
してみてはいかがでしょうか。

 

 ある心理療法家は「調子の良いときの過ごし方で、病気にも
健康にもなれる」ということを言ってます。私もまったく同じ
意見で、大部分の病気は食生活を含む生活習慣に病気の原因が
潜んでいると感じています。

 

 そこで、年末年始の非日常は大いに楽しんでもらいたいものの
胃腸にとっては非常事態なのだということを頭の片隅に置いて
御馳走やアルコールを召し上がってください。

 

 胃腸の調子が悪い方は、相談で改善すると、人生が明るくなる
くらいの変化を感じているようです。調子が良い人には理解不能
かもしれませんが、飲食という大きな楽しみをいつまでも継続
するため、胃腸に「まだ食べても大丈夫か?」と聞きながら
御馳走を頂いてください。

 

 

  漢方薬東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師(心理カウンセラー)  廣橋 義和

 

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。

(現在、新しいサイトを頑張って作成中です)   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/message/

 

 メールは《Re:タイトル》でお願いします。 

 メールマガジンの申込も随時受付中

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

Howを提供する相談

 いろいろな要因が重なってのことですが、薬業界では一部
薬剤の供給が滞っています。当初はジェネリック医薬品
中心としたものでしたが、徐々に品目が拡大し、とうとう
一般用医薬品漢方薬エキス剤にまで影響が及んでいます。

 

 薬局や薬剤師は、薬を介した業務が中心ですから、薬が
無ければ手も足も出ないという困った状況が続いています。
ドラッグストアのような多売で利益を確保する業態は、
苦しいだろうなと想像しています。

 

 当薬局でも一部の医薬品は欠品になっており、対応に
悩んでいるものもありますが、10年以上前から取り組んで
きた、少ない薬で効率よく改善を目指すスタイルで現状を
乗り越えようと考えています。

 

 少ない薬で改善を目指すスタイルとは、薬の販売よりも
治り方を提供するということです。治り方を提供すれば
薬を減らすことも可能になるし、再発防止策にもつながる
と考えています。

 

 これには、私が日本心療内科学会で学んだ自律訓練法
認知行動療法などがベースになっていますが、食事や
生活リズムであったり、姿勢や呼吸法であったり、ヨガや
ストレッチだったり、円滑なコミュニケーションだったりと
非常に多岐にわたります。

 

 先週参加した整形内科学研究会、先々週参加した時間生物
学会、どちらも薬以外のアプローチ法のヒントがありました。
それを目の前の相談者にアレンジして、どうやったら治るか
(how)を伝えるのが医療者の役目だと考えています。

 

 「ストレスを減らしましょう」は、よく聞くフレーズです。
でも「こうやってストレスを減らすんですよ」とアドバイス
してもらったことはほとんどないでしょう。逆に、ストレスの
ない人生なんて存在しない、と思っているのでは?

 

 だから、現実的で実行可能な提案でなければなりません。
そのための試行錯誤の毎日です。いろいろとアイデア
ひねりながら、この人に、あの人に、と頭を使っています。

 

 

  漢方薬東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師(心理カウンセラー)  廣橋 義和

 

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。

(現在、新しいサイトを頑張って作成中です)   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/message/

 

 メールは《Re:タイトル》でお願いします。 

 メールマガジンの申込も随時受付中

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

第14回セミナー開催のお知らせ

 今年最後のセミナーです。
先日お知らせしたように、リクエストの多いテーマを決定しました。


テーマ : アンコール「自律神経失調症

 

内容 : 自律神経とは
     自律神経失調症のタイプ
     自律神経系・免疫系・ホルモン系の関係
     自律神経失調症の治療法  など

 

日時 : ①12月15日(木)13:30~
     ②12月17日(土)10:30~   1~1.5時間程度

 

会場 : ひろはし薬局

 

参加費: 500円(今年初めて参加の方は、800円)

 

申込 : メール(下に記してあります) または
     LINE公式アカウント@198xhqqe から

 

 年末の忙しい時期とは思いますが、バージョンアップして
新しい理論も紹介しようと考えています。乞うご期待!

 

 

  漢方薬東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師(心理カウンセラー)  廣橋 義和

 

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。

(現在、新しいサイトを頑張って作成中です)   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/message/

 

 メールは《Re:タイトル》でお願いします。 

 メールマガジンの申込も随時受付中

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください