腎臓寿命を意識しよう

 薬局でのセミナー開催に備えて、資料を準備していて
腎臓の寿命について考えていました。
腎臓の寿命が尽きる時とは一般的に人工透析を導入する
時です。

 

 色々な相談の流れの中で、直接あるいは間接に腎臓の
相談を受けます。透析導入間近になって透析導入を
遅らせたいと相談される方も少なくありませんが、腎機能
の余力がほとんど残ってない状態では、期待に応えられ
ません。

 

 15年くらい前からでしょうか、慢性腎臓病(CKD)
という概念が提唱されました。腎臓は糸球体という組織で
血液を濾過します。腎機能が低下すると糸球体での濾過の
効率が悪くなります。

 

 この濾過の効率はGFRで表しますが、クレアチニン
年齢などから計算した推定値を一般的には用いているので
eGFRで表すのが多いです。この数値が60を下回ると
慢性腎臓病(CKD)という病名がつきます。

 

 年齢や基礎疾患によりますが、GFRは毎年1~2ずつ
低下します。例えば60歳の時点でGFRが60だった
場合、80歳の時点ではGFRは計算上20~40になり
ますから、ギリギリ透析導入は免れることでしょう。

 

 ただ、高血圧や糖尿病ではGFRの低下速度はもっと
早くなります。コントロールが悪かったり、たんぱく尿が
認められれば、さらに低下速度は加速します。
ですから、まず基礎疾患の治療をきちんとするのが一番の
基本です。

 

 腎臓は貧血や虚血(血流低下や脱水など)に弱い臓器
です。なので基礎疾患の治療をサポートするために、
血流を促進する漢方薬や栄養剤やサプリメントを組み
合わせます。劇的な改善はほとんどありませんが、それが
現実です。

 

 ですから、健康診断では腎臓の寿命を意識して、早めに
相談してもらいたいと思うのです。早い段階なら打てる
有効な対策があるのですから。

 

 

 漢方薬東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師スクールカウンセラー  廣橋 義和

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/

 

 問い合わせメールは《Re:タイトル》でお願いします。 

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

 

 

 

ピロリ菌以外の胃がんの犯人

 「口は禍の元」ならぬ「口は大病の元」と言えるでしょう。
ピロリ菌は胃がんの原因として広く知られています。そのため、
早期発見、早期除菌が勧められているわけです。

 

 ところが、ピロリ菌だけでなく、口腔内の常在菌も胃がん
発症や進展に関わっているようです。
https://www.mdlinx.com/article/new-culprit-found-in-gastric-cancer/5TRXVvKLNEt285ZVEmdyfw

 

 細菌はいないとされていた胃でピロリ菌が発見されて数十年、
ピロリ菌の発見者はノーベル賞を受賞しました。それほど、
画期的な発見だったわけです。

 

 そのピロリ菌以外にも多数の細菌が生息しているということを
最近知りました。多くは口腔内に住む一般的な細菌です。
ただ、彼ら細菌は組織に炎症を起こし、細胞にダメージを
与えます。その結果、胃では胃がんの発生に関与していると
いうことです。

 

 香港中文大学の研究者らはStreptococcus anginosusに
注目した結果を報告しています。
ピロリ菌がいなくても、ピロリ菌と同様に胃に炎症を起こし、
胃がんへの変化を進めることなどが確認されています。

 

 他の口腔内細菌も、ニトロソ化合物などの発がん物質を
生成したり、細胞を傷害したりと、ピロリ菌にだけ注目して
いては胃がんを予防することは難しいでしょう。

 

 対策は、特に口腔衛生に関心を持つことです。その上で、
ブラッシングや定期的な歯科受診という行動を起こすこと。
これは、糖尿病や心臓病といった大病の予防にもつながります。

 

 口腔内細菌は、腸内細菌叢にも影響を及ぼします。その結果、
全身の多様な病気に関係してきます。
改めて、口-胃-腸は一本の管ということを認識させられますね。

 

 

 漢方薬東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師スクールカウンセラー  廣橋 義和

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/

 

 問い合わせメールは《Re:タイトル》でお願いします。 

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

第22回セミナー開催のお知らせ

 今年2回目のセミナー開催です。
準備の都合もあり、今回は申し込みの締め切りを
設定しましたので、ご注意ください。

 

 肝臓も腎臓も沈黙の臓器ですが、若い人や
痩せている人でも脂肪肝が増えています。
また腎機能が低下するCKDや透析導入一位の
糖尿病性腎症なども患者数が増えているのです。

 

 そこで、今回のテーマに肝臓と腎臓を選び、
上手ないたわり方を勉強したいと考えました。


テーマ : 肝臓と腎臓をいたわる健康法

 

内容 : 肝臓の働きと肝機能検査値の見方
     腎臓の働きと腎機能検査値の見方
     気をつけたい肝臓の病気とその対策
     腎臓に優しい生活で透析を防ぐ   など

 

日時 : ①5月18日(土)10:30~
     ②5月21日(火)18:30~
     ③5月23日(木)13:30~
      いずれも1~1.5時間程度

 

締切 :  5月15日(水)19時まで

 

定員 : それぞれ4~5名(先着順)

 

会場 : ひろはし薬局

 

参加費: 500円+(年会費500円)
     今回のみ参加の方 800円(年会費0円)

 

申込 : 電話 0258-37-7551
     または メール(以下) から

 

 

 漢方薬東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師スクールカウンセラー  廣橋 義和

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/

 

 問い合わせメールは《Re:タイトル》でお願いします。 

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

コロナ感染した時、体内では何が起きていたか?

 不覚にも、先週前半は私がコロナ感染したため、緊急に臨時
休業をしてしまいました。ワクチンは5回済んでいたとはいえ、
もはや効果は限定的だったのでしょう。でも、順調に回復し
後遺症の心配も今のところないのは幸いです。

 

 ところで、完璧ではないものの要所要所でマスクや手洗いを
していたため、感染経路は全く思い当たりません。それだけ、
いつ、誰が感染しても不思議ではないのでしょう。それが
現状なのだと思います。

 

 異変は咽の痛みで始まりました。なんとなく違和感を感じては
いたものの、「一過性のものだろう」と軽くみていました。
時々、葛根湯や葛根湯加桔梗石膏を飲みながら仕事を普通に
こなしていました。

 

 この時は既に咽頭部あたりに新型コロナウィルスは感染して
増殖を始めていたのでしょう。ウィルス感染に対し、私の身体は
インターフェロンαやβを出して、ウィルス増殖を妨害していた
はずです。ただ、漢方薬を飲むにしても真面目とは言えない
飲み方でしたし、安静などせずに普通に仕事をしていたので
ウィルス増殖に傾いてしまいました。

 

 2日目は強い咽の痛みがあり、重度の咽頭炎といえる症状
でした。咽頭部の細胞の傷害が大きかったということを
示しています。それでも私の身体も無抵抗だったわけではなく
インターフェロンでウィルスを攻撃しつつ、マクロファージ
などからTNFαやIL12を出して、1型ヘルパーT細胞や
ナチュラルキラー細胞に働きかけています。

 

 38℃台という高熱や強い倦怠感は、インターフェロン
TNFαなどの影響です。順調に免疫反応を強化している
段階の正常な反応とみて良いのですが、食欲も低下しており
免疫系を動かすエネルギーは私の体脂肪が中心でした。

 

 3日目も2日目と同じような症状でしたが、ナチュラ
キラー細胞が活躍しているのでしょう。咽の痛みは最高に
達しましたし、発熱も40℃まで上がりました。さすがに
体力低下を抑えるために、カロナールを使用しましたが
免疫系に頑張ってもらうために、5日間で3回だけの
使用で済ませています。

 

 治療のメインを漢方薬としたのは、私の免疫系をスムーズに
働かせるためです。咽痛のピークを越えたものの咽頭部に
へばりつく痰と倦怠感をターゲットに柴胡桂枝乾姜湯加
桔梗石膏を飲みました。

 

 3日目ですから1型ヘルパーT細胞の働きで、キラーT細胞
や活性化マクロファージがウィルス感染した細胞を強力に
破壊し始めています。私の場合は、咽頭部の細胞が破壊され
咳や痰が残ることになるのは覚悟しなくてはなりません。

 

 でも、そのおかげで4日目以降は身体が楽になっている
ことを、文字通り体感できました。この頃には、メール会員の
方にお知らせすることも可能でしたが、脳はエネルギー消費の
激しい臓器ですから、身体だけでなく脳も安静にする方が
ベストと判断しています。

 

 恐らく、回復期に入ると少しずつ身体や脳を使いたい
衝動が誰しも湧いてくることでしょう。無理しなくては
生活が成り立たない人もいるでしょうが、ウィルス感染と
闘い、免疫系を動かしたことで、体力はかなり低下している
ものです。

 

 特に、新型コロナウィルスは呼吸器系だけでなく、循環器系や
脳神経系との親和性が高いウィルスです。約3割にものぼる
後遺症発症率を考えると、回復期の過ごし方はとても重要かと
思います。私の場合は、回復後5日~7日くらいまで、通常の
5割~8割程度に抑えながら身体をチェックしていました。

 

 オミクロン株に対して、ベテランの漢方医たちは柴葛解肌湯を
中心に治療して効果を上げていました。私が飲んだ漢方薬
処方内容は柴葛解肌湯に近いものです。
早めに安静にして、きちんと漢方薬を飲んでいたら症状ももっと
軽く済んでいたかもしれません。「たら」「れば」の話に正解は
ありませんが、養生は軽く見ない方が良いと考えます。

 

 皆さんも、どうぞ気をつけてお過ごしください。

 

 

 漢方薬東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師スクールカウンセラー  廣橋 義和

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/

 

 問い合わせメールは《Re:タイトル》でお願いします。 

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

間違いだらけの頭痛ケア

 気にしてはいても、痛むとついつい手が伸びてしまうのが
鎮痛薬。特に頭痛持ちの人は思い当たるのではないでしょうか。

 

 40年位前から日本ではドラッグストアという業態が出現し、
薬は相談して購入するというスタイルから、自分で手軽に選ぶ
スタイルに変わってきました。

 

 製薬メーカーの販売戦略は、建て前は適正販売でも、本音は
大量販売で、ドラッグストアでのセルフ購入を応援するかの
如く、大量にテレビや雑誌に広告を投入。しかも割安な大容量
まで用意する始末。

 

 販売する薬剤師も、マスコミで流れている○○という製品が
欲しいと言われれば、一通りの声掛けをして会計へ。
最近は、会計さえもセルフになり一声も必要なし。

 

 こんな状況も背景にあるのでしょうか、薬剤乱用性頭痛の
増加が問題になっています。地方都市の個人薬局である私も
何人もの薬剤乱用性頭痛(疑い)を発見し、注意喚起して
きました。

 

 発見のポイントは、頭痛薬を飲む日が1か月に10日以上
あれば可能性あり、15日以上ならほぼ確定というもの。
もちろん、きちんと診断するには薬剤乱用性頭痛を知っている
専門医を受診する必要があるものの、かなり該当するという
印象です。

 

 セルフメディケーションと言えば聞こえがいいものの、
専門家を上手に利用して、正しい頭痛ケアを行って欲しいと
常に考えています。

 

ちなみに、当薬局で薬剤乱用性頭痛に対応する際は、漢方薬
使用します。まず、今使用している鎮痛薬の使用を極力減らす
ことが必要で、頭痛に有効な多数の漢方薬から適切な漢方薬
選んでいきます。

 

 漢方薬で頭痛が軽減してくると、人生が明るくなる方も多く、
取り組むのなら早い方がいいでしょう。そして、漢方薬に切り
替えるのは通過ポイントで、本当のゴールは漢方薬さえも必要
としない身体作りです。

 

 生活習慣や行動、食事など、多岐にわたりますが、できる
範囲で無理なく行うことが重要です。そうすれば、漢方薬
減らせる人がほとんどです。

 

 

 漢方薬東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師スクールカウンセラー  廣橋 義和

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/

 

 問い合わせメールは《Re:タイトル》でお願いします。 

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

小林製薬の「紅麹」とセルフメディケーション

 3月28日現在で4名の方が亡くなった小林製薬の「紅麴
サプリメント」は、まだ全容が見えてきません。販売個数から
想像するに、被害件数はさらに増加することでしょう。

 

 今回の健康被害は、腎臓障害というだけで詳細は把握されて
いません。腎臓学会のサイトを見ても報道と変わらず、現状は
「とにかく注意しましょう」としか言いようがありません。

 

 個人的な見解ではあるものの、小林製薬の紅麴による腎臓
組織の炎症が関わっていると想像します。炎症により少しずつ
腎臓が壊れていくイメージです。

 

 腎臓は1日に約200リットルの血液をろ過しますが、尿と
して排泄するのは1~2リットル。つまり不要物を濃縮して
排泄します。不要物に毒性があれば濃度の高い尿に触れている
腎臓の組織は、その影響を直に受けることになります。

 

 これが今回のメカニズムとして私が考えていることなので、
腎機能が低下して尿量が減少している方は、長時間にわたり
高い濃度の尿に晒され、炎症が進行したのではないかと考え
ます。

 

 そこで今回の事件を通して「セルフメディケーション」を
改めて考えてみました。今回の被害にあった方々は、恐らく
人一倍健康に気をつけていた方でしょう。だからこそ、
コレステロール値を改善すべく紅麴を摂取したのだと思うの
です。

 

 数値を気にしたところまでは良かったと思います。その後
いろいろな選択肢を専門家を交えて検討していたら、今回の
被害はもう少し小さく収まっていたのではないかと思えるの
です。途中で異常に気づくこともできたでしょう。

 

 「セルフ」「自己責任」を前面に出すことで、専門家が
介在するときには取り返しのつかない状況になっていたの
では、何のためのセルフメディケーションかわかりません。

 

 「機能性表示食品」の制度にも問題があります。医薬品の
表現に様々な規制がある一方、機能性表示食品のパッケージ
には刺激的な表現が目立ちます。

 

 規制緩和の流れの中で生まれた制度ですから、売上高や
販売個数を上げることが目的です。国は医療費を抑える
ことが目的です。それで国民が健康になれば全て良しの
はずでした。。。

 

 では、私が考えるセルフメディケーションについて。
まず自身の健康度を把握することからです。ツールは、
健康診断だけでなく、体温や体重、血圧、食欲や睡眠、
排尿・排便の状況、全般的な体調、気分、なども重要
です。

 

 なんとなく変(?)と感じたら、程度にもよりますが
しばらく様子を見て戻らなければ専門家のアドバイス
求めたらいいと思います。専門家は医師だけではなく、
看護師、保健師、歯科医、薬剤師、栄養士、柔道整復師
心理士、など身近な人で構いません。

 

 得手、不得手があるので、何人かに確認してもいい
でしょう。場合によりコストが発生するかもしれません。
でも、この時点から専門家のアドバイスを参考にして
いくつかの選択肢から納得のいく答えを見つけることです。

 

 その後も定期的に専門家と経過をチェックしながら
継続したり修正したりするのが望ましいと考えます。
「紅麴サプリメント」を飲みだした人が、こんな行動を
とっていたら被害はもっと小さく済んでいたのではと
思います。

 

 セルフメディケーション自体は大切ですが、全てを
自分自身でと考えると誤ってしまうかもしれませんので
上手く専門家を利用するのが、ベストだと考えます。

 

 

 漢方薬東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師スクールカウンセラー  廣橋 義和

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/

 

 問い合わせメールは《Re:タイトル》でお願いします。 

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください

歯周病と糖尿病のイヤな関係

 歯周病も糖尿病も、ともに罹患率が高い病気です。そして、
どちらも増加しているという現状があります。
日本において糖尿病に関係する医療費は透析医療も含めると
莫大な金額になり、その対策は非常に重要なのです。

 

 2型糖尿病は、食事や運動などの生活習慣がその背景に
あり、内臓肥満から糖の流れが悪くなり発症します。
糖尿病になった後は、糖尿病性腎症による透析や、糖尿病性
網膜症による失明などの合併症に注意が必要です。

 

 また、心筋梗塞脳卒中などの致命的な血管の病気、
がんの発症リスクも増大するなど、寿命や健康度に大きく
影響することもわかっています。

 

 健康生成論でよく使われる河川モデルに当てはめると、
糖尿病の上流には生活習慣や肥満があり、下流に合併症や
大血管病やがんがあります。

 

 私は1本の河川モデルを修正して、いくつかの支流を
加えて使用しています。
例えば、歯周病があると糖尿病が悪化しやすいのですが、
歯周病を治療すると糖尿病も安定することから、本流とは
別に口腔衛生の支流を加えて説明しています。

 

 また、エンゲル係数(支出に占める食費の割合)が高い
人も糖尿病になりやすいとされますので、収入という支流を
加えることも可能です。医療よりも政治や経済政策が効果を
示しやすくなります。

 

 このように表現すると、本流の生活習慣だけを改善しても
支流から糖尿病につながる要因が流れてくれば、糖尿病の
改善につながらないことがわかります。

 

 話を戻しますが、歯周病の治療が糖尿病を改善する一方、
糖尿病の治療も歯周病の状態を改善します。良くも悪くも
互いに影響を与える関係なのです。一般的な河川モデルに
支流だけでなく湖を作る方が良いかもしれません。

 

 糖尿病対策として、食事療法や運動療法が重要なのは
言うまでもありませんが、薬もたくさん使っているのに
今一つ効果が乏しい場合は、口腔衛生に時間をかけては
いかがでしょう。

 

 脳卒中家系の人は脳卒中のリスク低下に、がん家系の
人はがんのリスク低下にもつながることでしょう。
たかが、歯周病と侮るなかれ! 口のメンテナンスが
5年後、10年後の健康度に大きく影響してきます。

 

 

 漢方薬東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明

長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL  (0258)37-7551

 薬剤師・公認心理師スクールカウンセラー  廣橋 義和

 

  ひろはし薬局のサイトでより詳しい情報を提供します。   https://hirohashi-pharmacy.jp/blog/

 

 問い合わせメールは《Re:タイトル》でお願いします。 

     ⇒8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)

 

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

お知りになりたい場合は、直接ご連絡ください。

 

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。

ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、

病中・病後など体力低下による外出困難な場合、など遠慮なく

お申し付けください